気になる料金を調べよう

口コミでまず調べることは料金

下調べ

多くの人が美容整形手術を抵抗なくすることができるようになってきましたが、やはり二の足を踏んでしまうことがあります。それは施術料金の高さです。目頭切開のようなメスを使う手術は、プチ整形には含まれていないので高額な値段がかかってきます。もし埋没法でも十分だとカウンセリングで医師から言われたとしたら、より値段が安い埋没法を選ぶ人もいるでしょう。

大きな目になれるというメリット

まぶた

いくら埋没法が安くて良いといっても、蒙古ひだを切開して大きな目になれる、もしくは離れた目をどうにかしたいという人にはやはり目頭切開が有効なのです。一体どのくらいの値段でできるのか口コミなどで相場を調べてみるとわかりますが、両目で30万円ほどかかるようです。海外ではもっと安い値段でできるということもありますが、やはり安全性を考えると通院しやすくて確実な方法が良いといえるでしょう。

追加料金が発生することもある

激安な料金で行なっているクリニックで、できるだけ安く施術を受けたいなら、なるべく口コミを調べるようにしましょう。大手のクリニックなら、キャンペーンで質の高い施術を安い値段で提供しているということもあります。そういったクリニックが口コミでも大変人気があるのです。高い値段でしか施術できないイメージのある目頭切開法ですが、上手に情報をチェックすることで安い値段で受けられます。ここで、目頭切開の施術を受ける時の流れを見てシミュレーションしてみましょう。

目頭切開を受けるまでの流れ

カウンセリング

自分のなりたい目元に仕上げるために医師とコミュニケーションをとります。基本的にカウンセリングでイメージを伝えることになりますが、最近はパソコンを使用して仕上がりのイメージをシミュレーションできるようになっています。ここで、自分の求めている目元はどんな施術で可能になるかを見た上で判断しましょう。もちろん、カウンセリングのみを受けて施術を再検討することもできます。

麻酔クリームの塗布

目頭切開の施術を受けることを決めたら、手術の準備をしていきます。まずは、手術中の痛みを抑制するために麻酔薬を注射する部分へ麻酔クリームを塗布します。初めての方も多いと思いますが、テクスチャーはクリームタイプの化粧品みたいなものなので、特に違和感が出るものではありません。ただし、麻酔の量は個人によって変わるため専門医が対応します。

デザイニング

施術前に切開をする部分をデザイニングしていきます。ここでは利用者と医師との最終確認が行われる部分で、施術をどのように進めていくか説明を受けます。まぶた自体にペンで記載して切開個所の説明をしてくれるクリニックもあります。ここでも、なるべく分かりづらいことや気になることは質問しておくようにしましょう。

目頭切開手術

いよいよ施術開始ですが、その前に麻酔クリーム部分に麻酔薬を注射して手術へ。手術時間はほとんど痛みはなく寝ているだけで終わります。施術方式にもよりますが、だいたい時間は30分程度で終わるほど簡単な施術なので心配はいりません。意識が戻ったら施術は完了し、ベッドでリラックスしている状態です。

アフターケア

目頭切開の手術は、終わった後に必ずアイシングを行ないます。これは患部の腫れを沈静化するもので、数分程度あてて待機します。このアイシングをしておくことにより、術後のダウンタイムで出る痛みを最小限におさえることができるでしょう。もちろん、痛みがなかなか腫れなくて気になる場合、医師に相談すれば適切な処置をしてもらうことができます。